小学生の自分へ

思い出いっぱいの箱

ネットキャッシング?普通のキャッシングとどう違うの?

読了までの目安時間:約 2分

 

キャッシングというお金を借りる手段は、十分注意をして利用するべきだと言われています。自転車操業的なお金の借り方をしていると、首がまわらなくなるというようなお話しはよく聞くお話しです。しかし、冠婚葬祭や事故や病気といった場合で急にお金が必要になったという場合であれば、やはりキャッシングというのは使い勝手がよいですし助かるというのも事実です。そんな中どんなキャッシングならいいのかということでネットキャッシングと普通のキャッシングというものの比較がなされていますから、ネットキャッシング?普通のキャッシングとどう違うの?これを書いてみたいと思います。まず、普通のキャッシングですが、基本的に大きなお金と借りるということに強みがあり、審査に数日要し、ある程度期間を設けてお金が振り込まれるため、個人というよりかは個人事業主等が事業資金のための使うということが多いようですね。一方でネットキャッシングはどうかというと1万円から利用できるというネットキャッシングが多く審査は即日、午前中までに手続きが済むのであれば、即日振込といったことにも対応しています。この点は利用目的も含めてネットキャッシングと普通のキャッシングの違いでしょう。

インターネットキャッシング?普通のキャッシングとどう違うの?

読了までの目安時間:約 2分

 

キャッシングの利用ということを考えた時に、その利便性。つまり使いやすいということがまず説明されますが、最近はキャッシングとは一口にいってもいろいろなキャッシングというのがあります。そんな中よくわからないシステムだと考えている人もいるでしょうからインターネットキャッシング?普通のキャッシングとどう違うの?ということをお知らせしたいと思います。インターネットキャッシングは最近主流になっているタイプのキャッシングですね。ネット上で審査を通して、振り込みでお金を借りることができるので、そのはやさと、店舗へ行く必要がないという違いがウケて広まっているといえます。普通のキャッシングですと、店舗に行って、審査を受けて、限度額が決まるという順序になるのですが、この時審査が落ちたらすごい雰囲気の中で帰らなければいけません。これが嫌でキャッシングは・・・と思っている人も多いので、このインターネットキャッシングというお金の借り方というのはこれからの主流になると言われています。ネットで申し込んで数十分後には審査の連絡が来て、曜日によっては即日利用が可能になるインターネットキャッシングというのも多いようです。

オンラインキャッシング?普通のキャッシングとどう違うの?

読了までの目安時間:約 2分

 

お金をつくらなければいけないという場合、親戚等からお金を用立てることができるという方ですと、それほど問題はないですが、そういったことが不可能だという方ですと、どうやってお金をつくるかということに悩みます。そういった場合「キャッシング」という手段が考えられます。一昔前ですと、キャッシングというのはお金を借りる際に手間がかかるということがいわれていましたが、オンラインキャッシングの登場で、普通のキャッシングとの違いというものがよく語られるようになっていますから、オンラインキャッシング?普通のキャッシングとどう違うの?ということを書いてみたいと思います。まず、オンラインキャッシングのサービスですが、なによりはやくお金をつくることができるというのが特徴です。普通のキャッシングだと、審査に数日要して、しかも審査が厳しいということで期日が決まったお金を用立てるという場合には結構リスクが大きいと言われています。その点、オンラインキャッシングだと、その日のうちに審査が終了し、即日または翌日にはお金をつくることができるので冠婚葬祭といった場合にもお金を間に合わせることができるという違いがあるようです。

カードキャッシング?普通のキャッシングとどう違うの?

読了までの目安時間:約 2分

 

キャッシングが利用できるサービスというのは、現在様々なものがあります。銀行系のキャッシング、クレジットカード会社系のキャッシング、消費者金融系のキャッシング、最近は、イオンなどもキャッシングサービスを大々的に展開させていますよね。そんな中種類が多すぎてよくわからないと思っている人も多いでしょうから、カードキャッシングと普通のキャッシングとどう違うの?。これについて解説していきたいと思います。主にカードキャッシングという場合、クレジットカードのようなカードが配布されて、そのカードの限度額であれば、コンビニや銀行等で簡単にお金をキャッシングできるというのが大きな違いになります。普通のキャッシングのようにその都度契約して手続きをするというのではないというのは大きな違いでしょう。たとえば100万円が限度額のカードキャッシングであれば、使わなくても契約しておけばいつでも100万円を限度にお金を借りることができるということですね。しかも最近のカードキャッシングは即日審査の即日利用が可能であることが多く、普通のキャッシングとくらべ利便性が高いということで新規契約の場合はネットでのカードキャッシングの契約というのが多くなっているようです。

キャッシングの金利の上限と下限を教えて!

読了までの目安時間:約 2分

 

最近は使い勝手のよいキャッシングサービスを提供している企業というのが本当に増えています。大手ショッピングモールを展開している会社等もキャッシング事業に参入していますよね。しかし、キャッシングを利用する側からすると、提供する企業が多くなりすぎてしまって、何を利用すればいいのかわからない。このように考えている人も同じように多くなっています。そこで、キャッシングということを考える時に「キャッシングの金利の上限と下限を教えて!」このようなことを質問をする人がいますから参考程度のキャッシングの金利の上限と下限について書いておきましょう。まず、キャッシングというのは利息制限法で金利の上限というのが設定されています。10万円未満である場合には20%。10万円以上で100万円未満である場合には18%。そして100万円以上の場合には15%ですね。ですから3万円を借りたという場合年間の金利は6万円。100万円を借りた場合には15万円が上限ですね。一方で下限というのは設定されておらず、金利が設定されていない場合。こんなことはほとんどないですが、設定されていない場合年間6%が下限とされていて、100万円を借りた場合には6万円ですね。